借金返済がラクになる方法。借金が減らない、返済額を減らしタイ。ブラックリストの事アナタ誤解してませんか?

ブラックリストに登録される理由

  • HOME »
  • ブラックリストに登録される理由

 

buraku014

 

ブラックリストに登録されるケース

個人信用情報に登録されると、クレジットカードやキャッシング、ローンなどの審査に落ちる可能性が高まります。

実際にはブラックリストというリストは存在せず、個人信用情報にキズが付いたと考えるべきでしょう。

個人信用情報のキズとは金融事故情報とも呼ばれます。

そもそも個人信用情報とは何か

銀行や消費者金融、信販会社等、金融機関が共有する個人顧客データのことです。

基本的にクレジットカードやキャッシングなどは、保証人無し、無担保の信用取引ですね。

個人信用情報による顧客データによって、経済的に信用できる人かどうかを判断します。

事故情報などが記載されてしまうと、信用取引できない人だと判断される可能性大です。

 

金融事故情報は様々

buraku015事故情報とは

代表的なものは延滞でしょう。

予め設定されていた返済期日より3回以上返済が遅れるケース

を言い催促されても返済しない人が対象となるようです。

次に債務整理があります。

 債務整理とは

その名の通り債務を整理することです。代表例に「自己破産」があります。

他にも「民事再生」、「任意整理」、「特定調停」といったものがあり、それぞれにメリットがあります。

債務整理を行う目的は、借金を減額する、無かったことにする等の為、事故情報として登録される。

また、債務整理を行うと、デメリットも存在しますので、その点は注意が必要です。

もう1つ、代位弁済を行った際にも事故情報は記載されます。

代位弁済とは、借金をした本人が返済不能に陥り連帯保証人が本人に代わって弁済を行うこと。

この場合も、契約者は返済を履行していないので、事故情報が記載されてしまいます。

一般的にキャッシングやクレジットカードでは、信用取引ですから代位弁済は少ないでしょう。

ブラックリストの誤解

スポンサー

カテゴリー

リンク

  • SEOブログパーツ
PAGETOP