借金返済がラクになる方法。借金が減らない、返済額を減らしタイ。ブラックリストの事アナタ誤解してませんか?

ブラックリストの誤解

  • HOME »
  • ブラックリストの誤解

 

buraku011

 

そもそもブラックリストは存在するのか?

 

buraku0133

 

 

 

 

 

 

結論、ブラックリストは存在しません。

 

buraku012

ブラックリスト = 要注意人物と同義で広く使われています。

例えば、今日の飲み会あいつ誘う? あいつはブラックリストだから・・・

誘いたくない、敬遠したい時など普通に使ったりします。

元々は、金融機関からお金を借りられない、マイカーローンが通らなかったり、

クレジットカード審査に落ちたり等・・・

金融関係に関して利用できない時に調弦されてきました。

 

ブラックリストの正体

それは、個人信用情報と呼ばれる形のないものです。

個人信用情報とは、各金融機関が所有する顧客データを持ち寄った集合体でしょうか。

個人信用情報を共有することで、各金融機関同士で顧客の個人信用情報を把握しているのです。

個人信用情報は、第三者管理機関が厳重に管理しています。

この管理機関を個人信用情報機関といいます。

 

個人信用情報にはどういった情報が記載されている

個人信用情報には様々な個人情報が記載されています。

氏名、年齢、性別、生年月日、住所は勿論、職業、年収、現在の借入れ金額状況、

過去の返済履歴等、多種の個人情報が記載されており、それら個人情報を各金融機関で共有しています。

共有と言っても、誰でも利用できるわけではなく、クレジットカードの申込み、キャッシングの申し込み等

あった場合に各金融機関の審査部が照会を行います。

クレジットカード、キャッシングも、保証人なし担保なしの信用取引となるので、申込みをした人物が

社会的に信用できる人物であるかどうかを判断するために用いられます。

 

この個人信用情報に、過去の取引において返済の遅延がある、未払いがある、債務整理をしたことがある、

自己破産をしたことがあるなどの記載があったらどうなるのか。

信用取引ですから、金融機関は、その人にお金を貸しても大丈夫だと判断するのは難しくなります。

ブラックリストに登録される理由

スポンサー

カテゴリー

リンク

  • SEOブログパーツ
PAGETOP