借金返済がラクになる方法。借金が減らない、返済額を減らしタイ。ブラックリストの事アナタ誤解してませんか?

債務整理 費用はいくら必要?

  • HOME »
  • 債務整理 費用はいくら必要?

 

buraku018

 

 

債務整理 費用はいくら必要なのか?

 

債務整理には、任意整理や民事再生、自己破産があります。

また、長く(3~5年以上)カードローンなどを利用してきた人の場合、過払い金の返還請求により

お金が戻ってくる場合もあります。(返還金が残金を上回る時)

過払い請求とは
過去に債権者に対して法定金利を超える金利を支払っていた場合に、払いすぎた金利を返還請求すること

任意整理とは
裁判所を通さず、弁護士・司法書士が金融機関等に交渉し、借金の減額や返済方法の交渉を行う事。

民事再生とは
裁判所を通し借金を約5分の1程度に減額し、3年での分割払いを行う。不動産資産を守ることが出来 る。

自己破産とは
裁判所に対して破産申し立てを行い、一定以上の価値ある財産を差し押さえることで全ての債務が免責される事。

債務整理は各々事情がありますから、ご自分の現状をよく確認してから
司法書士や弁護士に相談しましょう。借金解決の早道です。

弁護士や司法書士に依頼すると費用がかかります。

その費用は、弁護士の場合、初めに着手金が発生する所が殆どです。
成功報酬
を請求されるケースが多く、例として過払い金返還請求では返還金の
2割から3割を支払う必要があります。返還金がゼロなら発生しませんが、
残金が減った分の1割程度請求されるようです。
他に交通費や申請費などの実費経費が必要になります。

司法書士の場合だと着手金不要のところも多いようですし
初期費用の分割にも応じている所が増えてきています。

このように弁護士や司法書士へ依頼すると費用がかかります。

しかし、司法書士・弁護士へ依頼すると、自分で債務整理を行うより格段に成功率が

高くなるので、借金返済に効果がある方法です。

 

 

 

 

スポンサー

カテゴリー

リンク

  • SEOブログパーツ
PAGETOP